[PR]

 第48回全日本大学駅伝対校選手権大会の関東地区選考会(関東学生陸上競技連盟主催、朝日新聞社など後援、JAバンク協賛)が、さいたま市浦和区の駒場運動公園陸上競技場で18日に開かれた。本大会初出場を狙った東京国際大は11位、6回目の出場を狙った城西大は12位で、9位以内に与えられる本大会出場権をともに逃した。

 20校の各8人が4組に分かれ、トラックで1万メートルを走り、合計タイムを競った。この日のさいたま市の最高気温は33・3度。スローペースで進み、神奈川大と創価大は棄権者も出た。

 城西大で唯一の県内出身者として出場した金子元気選手(2年)は、第1組で12位。「埼玉の暑さには慣れているので大丈夫だと思っていたが、想像以上にしんどかった。自分の決めたプラン通りに走れるよう鍛えていきたい」。同組で30位だった東京国際大の福田瑠楓(るか)選手(2年)は「ラストスパートで3人抜くことができて良かった。チームとしても、チームの中でも、さらに上を目指したい」と話した。

 会場では、大会協賛のJAバンクが参加校におにぎり約850パックやお茶、タオルを差し入れた。