[PR]

 リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の福士加代子(ワコール)が、右足の故障のためハーフに出場予定だった26日の函館マラソンを欠場することが22日、明らかになった。大会事務局が発表した。

 福士は今月中旬まで行った米国合宿から帰国後、病院で診察を受け、欠場を決めた。詳細は不明だが、右足の疲労骨折の疑いもあり、大事を取ったという。ワコールの永山忠幸監督は「石橋をたたかせていただく。練習は続けている」と本番に向けて慎重な対応を取ったと説明し、調整のため7月に海外レースの出場を検討していることを明らかにした。