写真・図版

[PR]

 唾液(だえき)などを業者に送るだけで病気のリスクや体質がわかる――。医師や病院を介さない遺伝子検査サービスが広がっています。ダイレクト・トゥー・コンシューマー(DTC、消費者直接販売型)と呼ばれるそんな検査の正確さや信頼性はどうなのでしょう。記者が体験しながら、現状や課題を探りました。

 記者がインターネットで申し込んだのはジェネシスヘルスケア社の「ジーンライフ ジェネシス」。360項目2万9800円(税別)のところ2万円引きのキャンペーン中だった。郵便で届いたキットで唾液を採り、同意書と一緒に返送。1カ月後、検査終了の通知メールが。閲覧サイトにパスワードを入れると結果が表示された。

 ドキドキしながら結果を見る。疾患リスクが、平均と比べ何倍高いか数字で示されていた。たとえば記者が悩む腰痛は1・61倍。軟骨形成にかかわるCILPという遺伝子が「腰部椎間板(ついかんばん)症の発症リスクが高い」型という。項目によっては複数の遺伝子を検査した結果が記載されている。

 体質はほとんどが3段階で示されている。「アルコールに強い」は当たっているが、「髪の太さ=やや太い」や「最低血圧=高い」に首をかしげた。「失敗からの学習能力=高い」には癒やされたが、そこまでわかるのか?

 「米国で、3社のDTCを同じ人が受けたら、共通して根拠とした遺伝子はわずか7%だったという調査があります」と、小杉眞司・京都大大学院教授(医療倫理学・遺伝医療学)。米国の後を追う国内のDTCも大差はなく社によるばらつきが大きいとみる。

 「生命の設計図」DNAを文章にたとえると、文字にあたる4種類の塩基が約30億字連なる全文が「ゲノム」、うち働きが解明された領域を「遺伝子」と呼ぶ。ゲノムの大半は万人共通だが、ごく一部、人により異なるタイプ(多型)がある。DTCは遺伝子の多型を調べ、病気や体質との関連を示した論文を根拠にリスクを判定する。国内のあるDTCは、読み取った約30万個の多型の中から約500個を用いて300項目を判定する。「関連性が科学的に確立していれば、検査会社が根拠とする遺伝子は、かなりの程度共通になるはず」と小杉教授。

 ほかにも問題はある。判定の根拠とされる論文は簡単に言うと、ある病気の患者と一般人の集団の、多型の割合を比べたもの。「ある多型を持つ人が将来発症するかどうかとは違う。また、集団どうしの統計的な数字が個人の予測として役立つかも疑問です」

 しかし、遺伝子検査をして乳がんになる前に乳房を切除した米国の女優もいましたが……。

 「あれは全く別のものです」。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース