写真・図版

[PR]

 果物ではまだ「新参者」のキウイですが、年々需要が増えています。おいしさだけでなく、利便性、健康面でも優れていることが背景にあるようです。

 農林水産省によると、2015年のキウイの輸入量は前年比21%増の約7万8千トンで、ニュージーランド産が97%を占める。同産の輸出販売をすべて手がける「ゼスプリ」の日本法人によると、国内で主に流通しているのは「グリーン」と「サンゴールド」の2品種。出荷期の5月~12月に店頭に並び、シーズンオフの1月~4月は国内産(愛媛や福岡など)が出回ることで、年間を通じて食べられることも強みのようだ。

 総務省の家計調査を見ると、キウイが初めて掲載された05年の1世帯あたりの年間購入額は827円だったが、15年は1523円と1・8倍に。初めてすいか(1348円)を抜いた。購入額の多いバナナやリンゴ、ミカンの伸び率(0・9~1・2倍)を大きく上回る。

 この背景について、駒沢女子大の西山一朗教授(生化学)は四つを挙げる。①年間いつでも入手できる②冷蔵庫に入れれば最低1カ月は持ち、保存性に優れる③簡単に食べられる④生で食べるため栄養素の損失が少ない――ことだ。

 健康面では、1個あたり50~…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら