[PR]

 生放送のラジオ番組中に、スタジオ内でタレントの女性を蹴ったなどとして、愛知県警は30日、名古屋市瑞穂区初日町1丁目のタレント宮地佑紀生(本名・由紀男)容疑者(67)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 千種署によると、宮地容疑者は27日午後2時55分ごろ、同市東区の東海ラジオのスタジオで生放送中、共演者の神野三枝さん(50)の左ひざを数回蹴ったうえ、マイクで唇を殴り、約10日間のけがを負わせた疑いがある。同署は動機などを調べている。

 宮地容疑者は、東海地方を拠点にテレビやラジオなどで活動している。

■出演ラジオ番組は打ち切り

 番組は「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」。1997年から続く生放送の人気番組で、宮地容疑者と神野さんがパーソナリティーを務めていた。東海ラジオによると、事件があった27日も2人が出演し、最後まで放送を続けたという。翌28日以降、アナウンサーが代理で出演したが、29日の放送を最後に番組を打ち切った。

 宮地容疑者は、2002~11年、メ~テレの朝の情報番組「どですか!」で主要出演者を務めたほか、2014年までの約15年間、寿がきや食品の「スガキヤラーメン」でCMにも出演していた。

 05年には「名古屋で30年間しゃべり続けた男」と題して、自伝的エッセー「宮地佑紀生の天国と地獄」を発売。「オレオレ詐欺撃退ソング」を作ったり、愛知県警が製作した特殊詐欺被害対策DVDに出演したりしていた。

 東海ラジオの宇多秀行取締役は30日、「極めて遺憾で残念。事件の経緯については、現在調査中です」とのコメントを発表。同局は、放送開始時間の同日午後1時、事件を報じた上で、番組の打ち切りを伝えた。