大相撲で優勝31度、角界で初めて国民栄誉賞を受けた元横綱千代の富士の九重親方、秋元貢(あきもと・みつぐ)さんが31日午後5時11分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去した。61歳だった。通夜は8月6日午後6時、葬儀は7日正午から東京都墨田区石原4の22の4の九重部屋で。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 昨年9月には、がんの手術を受けていたことを公表していた。

 北海道福島町出身。同郷だった当時の九重親方(元横綱千代の山)にスカウトされ、1970年秋場所で初土俵を踏んだ。74年九州場所で十両昇進。75年秋場所で新入幕、81年初場所で初優勝を飾り、大関に。同年の名古屋場所後に58代横綱に昇進した。

 激しい前傾姿勢からせりあがる横綱土俵入りがトレードマーク。183センチ、123キロと力士としては小柄だったが、鍛え抜かれた体で豪快な上手投げなどを繰り出し、ファンを魅了した。度重なる肩の脱臼などのけがに耐えつつ、大型力士に真っ向勝負を挑む姿が人気を呼び、「ウルフ」と呼ばれて愛された。

 昭和最後の場所となった88年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら