戦後の闇市から立ち上がり、開業70年を迎えた「青空書房」(大阪市北区)の店主、坂本健一(さかもと・けんいち)さんが亡くなった。大阪の古書店主で現役最高齢の93歳だった。「本に埋もれて死ねたらええわ」。その言葉通り、本が山積みの店舗兼自宅で静かに息を引き取った。

 店は天神橋5丁目交差点近くの路地を西へ入ったところにある。開けっ放しの玄関には「二度とない人生 ここでしか無い一冊」という坂本さん自筆のポスター。家族の話では3日朝、ヘルパーが独居の部屋を訪ねると、坂本さんはベッドに横たわって亡くなっていた。日めくりカレンダーの日付は「2日」だった。

 15歳でモーパッサンの小説「女の一生」に出会い、「生きる人間の魂」に衝撃を受けてからの読書人生。太平洋戦争が始まり、学徒動員で赤紙が来た日はロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」を読み、不屈の音楽家の生涯に「愛と勇気を学んだ」。動員先には「西洋ものは何言われるかわからん」と、三好達治の詩集「花筐(はながたみ)」を「論語」に挟んで持って行った。

 22歳で終戦。翌年春、空襲で焼け残った大阪・ミナミの歌舞伎座前に大八車を止め、夜学に通いながら集めた愛読書の岩波文庫100冊を泣く泣く売った。「体から血が奪われていく感じ。でも、そうせんと食べていかれへんかった」

 その後まもなく、連合国軍総司令部(GHQ)の指令で闇市は閉鎖。家の近くに店を構えた。食糧難の時代、本も飛ぶように売れた。「敗戦で耐え難い屈辱を味わった人たちは知的欲求にも飢えていた。それが復興の原動力やった」

 読書文化を支えたいと高値で仕…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら