高齢の糖尿病患者におすすめのレジスタンス運動

写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 厚生労働省の調査によると70歳以上の4割が、糖尿病かその予備軍とされる。糖尿病で血糖が高いと認知症などのリスクが高まる一方、治療で低血糖になっても症状が出にくく、重症になるケースもあることがわかってきた。関係学会は最近、少し「緩め」の目標値を決めた。高齢者の特性に応じたケアが大切だ。

■緩めの目標値で管理

 東京都内に住む那須キイさん(89)が糖尿病と診断されたのは20年あまり前。血糖を下げる複数の薬を飲み、自宅の周囲を30分ほどかけて歩くのを日課にしている。

 過去1~2カ月の血糖値を反映する「ヘモグロビン(Hb)A1c」が一時9%を超えたこともあったが、最近は7%ほどで安定している。最近、高齢者向けにやや緩めの血糖管理の目標ができたと聞き、好きなお菓子をほんのちょっと増やした。「この年だし、楽しみもないと」

 日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会は5月、65歳以上の患者に向けた血糖管理の目標値を発表した=表。重症の低血糖を起こすリスクを下げるため、体の状態や年齢に応じて従来の値を少し緩和した。

 糖尿病患者の血糖は、低めに保つほどいいと考えられてきた。だが、高齢の患者を対象とした国内の研究で、脳卒中は血糖が高くても低くても起きやすいとの報告が出された。野田光彦・埼玉医科大教授は「少なくとも高齢者の患者にとって、血糖は正常な人に近づければいいわけではない」と話す。

 低血糖は、食事や運動の影響で変動する血糖値が70(1デシリットル当たりのミリグラム)より低い場合などに診断される。薬を飲んだのに食事がとれなかった場合などに起き、冷や汗や動悸(どうき)といった症状が出る。インスリンやSU薬、グリニド薬というタイプで起きやすい。

 軽症ならブドウ糖を口にするなどして回復するが、昏睡(こんすい)に陥るなど自分では対処できない重症のケースは死亡の危険があるほか、後に脳卒中や心筋梗塞(こうそく)、認知症を発症しやすくなる。高齢者は動悸などの典型的な症状が出にくく、気づくのも遅れがち。「頭がくらくらする」「めまいがする」「ぼやけて見える」といった場合、低血糖の恐れがある。

 身の回りのことが1人でできないなど生活活動度(ADL)の低い人や、認知機能が落ちている人は、重症低血糖のリスクが高い。こうした人たちの目標値をより高めにしたほか、「これ以上低くならないように」という下限値を設けた。ただ、羽田勝計(まさかず)・旭川医科大名誉教授は「めざすべき値は個人の状態によっても違い、目標値に当てはまらない場合もある。主治医と相談してほしい」と話す。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら