[PR]

■吉田忠智・社民党党首

 昨年、憲法違反の戦争法が強行された。自衛隊がいつでも、世界中どこへでも出て行くことができる。そういう法律に変えられた。憲法9条を骨抜きにして、日本の平和国家としてのあり方を180度変えるものだ。

 ほかの国々の皆さんからは、(日本が)アメリカと一緒にみられるようになっている。バングラデシュのテロでは7人の方が犠牲になった。改めてご冥福をお祈り申し上げる。

 日本人が国内外でテロの危険に遭う。そうした状況になっている。改めて平和国家日本、日本の平和ブランドを取り戻していかなければなりません。

 平和憲法を活かして外交努力で平和を作っていく。国際社会の中で日本が、その先頭に立たなければなりません。(大分県日出町での街頭演説で)

関連ニュース