[PR]

 ダラスの連続狙撃事件で、市警はマイカ・ジョンソン容疑者(25)の立てこもりを終わらせるために爆発物をつけたロボットを使い、容疑者の死亡につながった。AP通信などによると、米国の警察がこうした形でロボットを使用したのは初めてで、今後も議論を呼びそうだ。

 ダラス市警のデビッド・ブラウン本部長によると、当初は立体駐車場に立てこもった容疑者と交渉を試みた。しかし交渉はうまくいかないと判断し、「爆弾用のロボット」のアームに爆発物をつけて、容疑者に近づけて起爆させたという。

 ブラウン氏は「他の方法では、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら