[PR]

 南シナ海問題をめぐってオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が12日、判決を出す。中国の南シナ海での権利主張や人工島造成が国際法に違反すると、フィリピンが訴えていた。中国の南シナ海での行動に関する初の司法判断で米国や領有権を争う周辺国も注目する。

 最大の争点は、中国が南シナ海のほぼ全域に自国の権利が及ぶと主張する独自の境界「9段線」が、国際法上、認められるかどうかだ。9段線はフィリピンのほか、ベトナムやマレーシアなどが主権を主張する海域と重なる。違法と判断されれば、中国が南沙(英語名スプラトリー)諸島で進める七つの人工島の造成は法的な正当性を失う。

 中国が人工島を造成した場所は、国連海洋法条約が認める「島」かどうかも判断される見通し。自然な「島」でないと、排他的経済水域(200カイリ以内)などの権利は認められない。

 中国の埋め立てやフィリピン沖…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら