[PR]

 政府は12日、2020年の東京五輪・パラリンピックの記念硬貨を発行することを閣議決定した。第一弾として、ブラジル・リオデジャネイロからの開催地の引き継ぎをテーマにした1千円銀貨を出す。リオ五輪閉幕前後にデザインを決め、年内にも発行する。材料費を勘案して、数千円で売られる見通し。

 記念硬貨は1964年の東京五輪や、札幌、長野の冬季五輪の開催時もつくられた。過去は開催時期近くに発行されたが、今回は開催4年前から複数回発行する。麻生太郎財務相は閣議後会見で、「成功に向けた機運を醸成する」と述べた。(鬼原民幸)