[PR]

 前衛芸術家の草間彌生が、来年2月に東京で開く大個展に向けて制作を加速させている。今年4月には米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」にも選定。話題の続く草間に思いを聞いた。

 「100人」の選出について同誌は「過激で革命的な仕事をしてきた女性」と評した。幼時から幻覚が見えるなどの心の病に苦しみながら、ニューヨークで活動するなど独り闘い続けてきた。水玉や編み目が画面や立体を覆う作風は、今や知らない人がいないほど浸透している。

 選出を喜びつつ、「でも自分の影響力なんて考える暇がない」と明かす。制作に追われる日々を送っているからだ。土日も返上し、朝9時から夜までアトリエで描く。アイデアは次々にわき上がり、「手が追いつかなくて」。

 来年2月22日から、東京・六…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら