[PR]

 国立がん研究センターは15日、今年新たにがんと診断される人は国内で101万人になるという予測を発表した。1975年の約5倍の水準で、昨年の予測から2万8千人増え、初めて100万人を突破する。高齢化が主な要因という。

 予測は2012年までのがん発症者数の推計値などを元に、従来の傾向が続くという前提で算出した。後で予測を上回ったか下回ったかを調べ、がん対策の評価にも役立てる。

 予測によると、新たに今年がんと診断される人は男性57万6千人、女性43万4千人。男性で最も多いのは前立腺がん(9万3千人)で、胃がん、肺がん、大腸がんと続く。女性は乳がん(9万人)が最も多く、大腸がん、肺がん、胃がんの順だった。男女合計では、大腸がんが14万7千人で最も多く、昨年より1万1千人増える。次いで多かった胃がんと肺がんはほぼ横ばいだった。

 がんによる死亡者は男性22万…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら