[PR]

 放し飼いされたカブトムシとふれ合える「かぶと虫の家」が16日、大津市山上町にある比叡山ドライブウェイの夢見が丘展望台近くにオープンした。多くの家族連れらがカブトムシを手にとったり、写真を撮ったりして楽しんでいた。

 ドライブウェイの運営会社が2000年夏からこの場所で始めた。雑木林の斜面450平方メートルをネットで覆い、カブトムシ約200匹を放し飼いにしている。けんかしたり木に止まって樹液を吸ったりする様子を間近に見ることができる。

 愛知県春日井市から祖父らと初めて訪れた浅井大翔(ひろと)くん(7)は、自宅でカブトムシを4匹飼っている。「いっぱい見つけられて楽しかった。家にもこれだけのカブトムシがいてほしい」と笑顔だった。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら