[PR]

 中国の李克強(リーコーチアン)首相は22日、北京で世界銀行や国際通貨基金(IMF)など主要な国際6機関トップとの会議を開き、「世界経済が低迷する中でも中国経済は安定を保っている」と強調した。23日に中国・成都で主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が始まるのを前に、中国経済の先行きに対する懸念の打ち消しにつとめた形だ。

 会議には、世銀のキム総裁やIMFのラガルド専務理事、世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長らが参加。英国の欧州連合(EU)離脱決定で強まった世界経済の不確実性への対応が主な議題となった。 会議後の記者会見で李氏は、「中国経済は強い景気刺激策に頼らなくても安定した成長を続けている」と強調。製造業からサービス産業へと経済の軸足を移すことで、内需を拡大する構造改革に自信を見せた。

 一方、「世界経済で起こりうる不確実性に対して、まだ財政政策も金融政策も調整の余地がある」とも述べ、世界の景気減速がさらに深刻になれば、財政出動や金融緩和に踏み切ることにも含みを残した。

 国際的に批判が高まる鉄鋼など…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも