[PR]

 米民主党の運営を仕切る全国委員会幹部が米大統領選で党候補者指名を最後まで争ったサンダース上院議員の勢いをそごうと秘密裏に協議していた疑いを受け、シュルツ党委員長は24日、辞任すると発表した。25日からの党全国大会を前にした異例の事態で、党内融和に水を差し、クリントン前国務長官のイメージ悪化も進みそうだ。

 シュルツ委員長は24日、声明で「私の目標を達成するには、今大会の最後に委員長を辞任することだ」と発表した。シュルツ氏は党候補者指名争いの際、クリントン前国務長官に肩入れしているとサンダース陣営から再三抗議を受け、中立な運営ができなければ辞任するよう求められていた。

 内部告発サイトのウィキリーク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも