甲府市教委が夏休み向けに配布した小学3年生と5年生向けの算数の問題集「甲府の子どもの家庭学習ワーク つなげる算数」に、計98カ所の誤りがあることが分かった。市教委は正誤表をつくり、各学校に家庭への配布を依頼した。

 算数の問題集は、計算のけた数が増え、割り算も学ぶようになる3年生用と、分数や割合の計算が始まる5年生用を各1500部作成。学校を通じて7月1日から配布した。同21日に誤りに気づいた保護者が市教委に報告してミスが発覚。調べると誤字や脱字も含め、3年生用で32カ所、5年生用で66カ所の誤りが見つかった。

 主な誤りは、46×2の答えが「92」なのに「28」となっていた▽問題番号が(1)(2)(3)(4)(2)(3)の順で並んでいた▽「24このあめを3人で同じ数ずつ分けます」という設問なのに挿絵にあめが23個しか描かれていなかった――など。

 学校教育課によると、原稿執筆は市内の小学校教員計13人が担当したが作成期間が短かった上に、チェック態勢が整っていなかったためにミスを防げなかったという。

 甲府市教委は、2015年のアンケートで「平日に学校外で1時間以上学習した」と回答した市内の小学生が52・7%と全国平均より10ポイント低かったため、小学生と中学生用にA4判4ページの「家庭学習の手引き」を作成。問題集も配布した。