[PR]

 ソフトバンクグループは28日発表した16年4~6月期決算で、6月に退任したニケシュ・アローラ前副社長に68億円の退職金を計上した。これとは別に、2014年12月にアローラ氏に与えた関連会社株を107億円で買い取った。14年に入社したアローラ氏にソフトバンクが支払った額は、計400億円を超える。

 退職金の支払いはアローラ氏との契約で決まっており、あらかじめ支払額が確定している50億円と、今後のソフトバンクの株価によって支払額が決まるものとがある。株価に基づき算出される部分は16年6月時点で18億円としたが、今後の株価の推移によって支払額が変わり、改めて差額を決算で計上する。

 アローラ氏は同社の投資先に個人でも投資できる契約も結んでいた。これをもとにアローラ氏はソフトバンクが投資したインドの通販サイト大手「スナップディール」とインドのタクシー配車アプリ「オラ」の2社に投資した。孫正義社長は「弁護士を入れて合意のもと契約したが、誤解を招くので最初の2件でやめてもらった」と説明し、今回買い取った株はこれらであることを認めた。アローラ氏の退任を巡っては、匿名の株主が、同氏個人でも会社の投資先に投資している件を問題視し、取締役会に内部調査を要求していた。

 巨額の支払いについて、孫氏は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも