[PR]

 覚醒剤取締法違反(所持・使用)などの罪に問われた元俳優の高知東生(たかちのぼる、本名・大崎丈二)被告(51)と、知人の飲食店従業員五十川敦子被告(34)の初公判が31日、東京地裁であり、2人はいずれも「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は2人にそれぞれ懲役2年を求刑し、結審した。判決は9月15日に言い渡される。

 高知被告の起訴内容は、6月24日、横浜市内のホテルで覚醒剤約4グラムと大麻約1・4グラムを所持し、覚醒剤を使用したというもの。一緒にいた五十川被告も覚醒剤を使用するなどしたとして起訴された。

 検察側の冒頭陳述などによると、2人は遅くとも2010年ごろから一緒に覚醒剤を使用するようになったという。高知被告は覚醒剤の使用について「悪いとわかっていたが、刺激を求める気持ちが勝ってしまった」と明かした。

 高知被告は、俳優の高島礼子さん(52)の元夫。高島さんの所属事務所は1日、2人が離婚したことを発表した。