[PR]

 国内外に衝撃を与えたSMAPの解散発表。なぜ、これほど騒がれるのか。20年以上トップアイドルであり続けた彼らは、芸能界の中でどんな存在だったのか。

 8月14日未明の解散発表後、初めて全員そろって収録した「SMAP×SMAP(スマスマ)」(フジテレビ系)が、同29日に放送された。「ゲストが初めて買ったCDは」というクイズに、司会の中居正広が「いまタイムリーですよね」とヒントを出すと、木村拓哉が「SMAP」と即答。解散に直接触れる場面はなかった。

 ツイッターには「これがバラエティーで生きていたSMAP」「私たちにはSMAPが必要」と、解散を惜しむ声があふれた。

 今年1月、スポーツ紙の報道に端を発した解散騒動の際、5人は同番組で謝罪。「前を見て進みたい」と述べて収束を図った。それから7カ月後の破局。オリコンによると、SMAP最大のヒットシングル「世界に一つだけの花」は、解散発表後の15~21日で約3万3千枚を売り上げ、週間5位に入った。

 「バラエティーは絶対やらせてもらえなかった。僕もコントをやってみたかった」。こう振り返るのは、1980年代後半にローラースケート姿で爆発的な人気を集めた光GENJIの元メンバー・大沢樹生(みきお)さん(47)。「雑誌の取材で見せるプライベートも作られたもの。いわゆる虚像。(視聴者から)手の届かない存在だった」

 SMAPを境にジャニーズ事務…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら