[PR]

 1945年8月に原爆が投下されてから72年。その年末までに、広島で14万人、長崎で7万人以上が亡くなったといわれます。なぜ広島と長崎に落とされたのか、街や人びとはどうなったのか。原爆のこと、知っていますか。(朝日新聞が発行する小学生向けの教育特集「知る原爆」から引用したQ&Aです)

     ◇

■Q.原爆って、どういうものだったの?

 A.原子爆弾といって、それまでに戦争で使われたものより、はるかに強い力の爆弾だったんだ。原爆や水素爆弾(水爆)は原子核反応というエネルギーを使っているので「核兵器」と言うんだよ。世界で初めて核兵器が使われたのは1945年8月6日。アメリカが広島に落とした原爆で、3日後の8月9日には長崎にも落としたんだ。

■Q.どうして、日本に落とされたの?

 A.日本はアメリカなどと戦争をしていたんだ。アメリカは原爆の力を見せつけ、早く戦争を終わらせるために落としたとの見方があるんだ。もし、日本が早く降伏していれば、原爆投下は避けられたかもしれない。一方で、すでに日本のまわりの海や空はアメリカが支配し、沖縄も占領されていたから、日本が負けることは決定的な状況だった。広島の原爆は「ウラン235」、長崎の原爆は「プルトニウム239」という物質が使われた。アメリカが2種類の爆弾を試したかったともいわれている。

■Q.なぜ、広島と長崎だったの?

 A.広島は東京や大阪と違って大きな空襲を受けていなかった。新しい爆弾の威力を試す場所の候補になったんだ。日本軍の拠点や兵器を作る工場もあった。また、アメリカは長崎ではなく、福岡県小倉市(現・北九州市)に原爆を落とす予定だった。小倉の上空にもやがかかっていたなどとして、第2候補地の長崎に落としたとされているよ。

■Q.原爆で、人や街はどうなったの?

 A.被害は熱線、爆風、放射線の三つ。爆発で数十万~数百万度の火の玉ができ、熱線で爆心地付近の温度は3千~4千度にもなった。爆心地近くでは、熱線を浴びた人のほとんどがその瞬間か数日のうちに死亡し、爆風で建物が倒壊したり吹き飛ばされたりした。壊れた家が燃え、逃げ出せずに焼け死んだ人や、割れたガラスが体に突き刺さった人もいっぱいいたよ。

■Q.放射線の被害は?

 A.原爆の一番の特徴が、目に見えないまま長い時間続く放射線の被害。けががないように見えた人や、爆心地付近に入って知り合いを捜したり、けが人を手当てしたりした人たちも放射線の被害にあったんだ。

■Q.放射線で、どんな病気になるの?

 A.広島と長崎の原爆では、歯茎から血が出たり、髪の毛が抜けたりする「急性症状」が出た。その後、がんなどで亡くなる人が多くなったんだ。甲状腺機能低下や白内障、心筋梗塞(こうそく)になった人も多いよ。

■Q.どれだけの人が被害を受けたの?

 A.原爆が落とされた年の年末までに、広島では約14万人、長崎では7万4千人近くが亡くなったといわれている。子どもや女性、お年寄りも亡くなった。その後も放射線の影響でたくさんの人が死亡し、いまも不安を抱えている人が多い。被爆した人には、被爆者健康手帳が交付され、医療費の自己負担分が免除される。現在、約20万人が手帳を持っている。原爆によって発症した病気のことを「原爆症」って言うんだよ。

     ◇

 より深く知りたい方は、朝日新聞教育特集「知る原爆」で。ご希望のみなさまに、10月末まで無料でお配りしています。問い合わせは朝日新聞コミュニケーションセンター(06・6222・2000)へ。