【動画】岸本隆一選手・井上雄彦さん バスケットボール対談=安冨良弘撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(49)とバスケット選手との対談企画の第4回は、沖縄育ちの岸本隆一選手(26)。対談の舞台は、沖縄での試合後でした。

■琉球ゴールデンキングス・岸本隆一選手×漫画家・井上雄彦さん

 井上 沖縄でバスケを見るのは念願だった。ようやく来ることができました。最初のシュートが入ったときの会場の盛り上がりにはびっくりした。

 岸本 あれが当たり前ですね。こぼれ球を拾いにいくとか、数字に表れないプレーにもすごく拍手をくれる。琉球ゴールデンキングスというチームが好きで来てくれている人だけじゃなく、純粋にバスケを楽しんでいる人が多い気がします。だから、相手チームのいいプレーにも拍手が起こる。こんな会場はまずないですね。

 井上 いつか必ず琉球でプレーする、と決めていたと。

 岸本 子どもの頃からバスケを続けてきて、漠然と、いつかバスケで飯が食えたらいいなと思っていました。でも、具体的に目指す場所はなかった。ちょうど僕が高校1年生のころにチームができた。2年目にはbjリーグで優勝。強くて人気もあって、しかも地元。行くしかないと思いました。

 井上 東京の大学へ進学してからも、琉球のことが気になっていたとか。

 岸本 試合結果はチェックしていました。インターネットで見られる試合の動画も。地元に帰ったときには練習にも参加していました。いま思えば、ありがたかったですね。

 井上 プロ選手で戻ってきて周りの目は気になりますか?

 岸本 入団したころ、牛丼屋で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース