【動画】小豆島の造船所跡での野外演劇を企画した江本純子さんと佐久間麻由さん=田中志乃撮影
[PR]

 小豆島にある小さな造船所跡(土庄町大部甲1919の1)が、10日から3日間だけ野外演劇場になる。劇作・演出家で俳優の江本純子さん(37)と、映画や舞台など多方面で活躍する俳優の佐久間麻由さん(31)が、この場所で新たな演劇イベント「大部のできごと」を企画した。江本さんは「大部のファンタジックな雰囲気は最高の舞台美術。時間に洗練されてきたここにしかない力を感じた」と話している。

 上演するのは、江本さんが7月に書き下ろした新作「とうちゃんとしょうちゃんの猫文学」。大部の造船所跡に住む推定70歳の生き物「とうちゃん」と「しょうちゃん」の友情や別れを描いた物語だ。幼なじみだったしょうちゃんの葬式を迎えるとうちゃんが、さみしさや愛情に向き合い、死を受け入れて送るまでを表現した。

 2人は上演する場所を探すところから取り組む。その場所で演じたい物語をつくり、上演する。3年前に一度訪れた小豆島を今年4月に再訪した。

 たまたま車を止めた大部の道沿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら