[PR]

 四国電力は5日、伊方原発3号機(愛媛県、出力89万キロワット)を12日に再稼働する方針を固めた。5日午後に原子力規制委員会に報告する。

 当初は7月26日に再稼働する予定だったが、試験中に原子炉のポンプに不具合が見つかり、作業が中断。部品を交換したことで再稼働の日程に遅れが出た。3号機は2011年4月に定期検査で止まっており、再稼働すれば約5年3カ月ぶりとなる。

 伊方原発をめぐっては、事故が起きた時の避難路が狭いなど、周辺住民から不安の声が出ている。地元や大分県などの地裁に運転差し止めを求める仮処分申請が出ている。