同性愛者であることを同級生に友人グループ内で明かされた後、建物から転落死した一橋大法科大学院生の男性(当時25)の遺族が、大学と同級生に計300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。5日に第1回口頭弁論があり、同級生と大学は請求棄却を求めた。

 訴状などによると、男性は在学中の昨年4月、同級生に恋愛感情があることを伝えたところ、この同級生はLINEで同じグループをつくる友人7人に男性が同性愛者であることを明かした。男性はその後、同級生に会うと吐き気や動悸(どうき)がするようになり、大学のハラスメント相談室に相談したが、8月に大学内で、建物のベランダを乗り越え転落死した。

 遺族側は、「差別や偏見が多い現在の社会で、自らの意思に反して暴露され、不安や恐怖を受けた」と主張。大学も十分な対策を取らなかったと訴えている。

 一橋大は「学生のご冥福を心よりお祈りします。本学の立場は法廷で明らかにしていきます」とする談話を出した。