[PR]

(6日、競泳男子400メートル個人メドレー)

 萩野公介は懸命に逃げた。ゴールまで残り50メートル。右隣を泳ぐチェース・ケイリシュ(米国)が体半分の差で迫ってくる。

 「怖かった」

 でも、思い描いた通りの展開で最終盤までレースを運べていたから、慌てなかった。「ラストの自由形勝負だと思っていた。スタミナが残っていた」

 両腕のかき、両足の蹴りに力強…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら