[PR]

 朝日新聞社が6、7日に実施した全国世論調査(電話)で、安倍晋三首相が3日に行った内閣改造を全体として評価するかどうか聞いたところ、「評価する」は37%、「評価しない」は34%と見方が割れた。今回の内閣改造で、正社員と非正規社員の賃金格差是正などをめざす「働き方改革担当大臣」を新設した取り組みに「期待する」は59%で、「期待しない」の33%を上回った。

 内閣支持率は48%(前回7月11、12日調査では45%)、不支持率は29%(同35%)だった。

 安倍政権がまとめた28兆円規模の経済対策については、「評価する」40%、「評価しない」36%と評価は二分した。

 安倍首相の2018年秋までの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも