[PR]

 ネット通販最大手の米アマゾンが、ライバル社よりも安い価格で商品を販売できるように取引先と不当な契約を結んでいた疑いがあるとして、公正取引委員会は8日、アマゾンの日本法人アマゾンジャパン(東京都目黒区)に独占禁止法違反(不公正な取引方法)容疑で立ち入り検査をした。

 ネット通販で取引している商品全般での契約が対象とみられる。公取委は、アマゾンが取引先の出品価格を不当に拘束することで、楽天やヤフーなどライバル社との競争を有利に進めようとしていたとみて調査している。

 独禁法は、取引先がライバル社と取引する際に障害となるような条件をつけ、取引先の事業活動を不当に拘束することを、不公正な取引方法の一つである「拘束条件付き取引」として禁止している。

 公取委は、アマゾンジャパンが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら