[PR]

 リオ五輪のカヌー・スラロームの男子カナディアンシングル決勝。ゴールした時点で羽根田(はねだ)卓也(29)は2位だった。直後に、フランス選手に抜かれ3位に。全選手がレースを終えるまで、艇に乗ったまま、電光掲示板を前に祈った。「他の選手のミスを待つのはスポーツマンシップに反する。でも、今日だけは3位のままで」。銅メダルが決まると、顔を手で覆い、泣いた。

 「日本人がこの競技でメダルを取るなんて、日本を飛び出した10年前には誰も信じていなかった。でも、僕は本気だった」

 カヌーの元選手だった父邦彦さん(57)の勧めで、小学3年から競技を始めた。愛知・杜若(とじゃく)高時代にジュニアの世界大会に出るようになり、本格コースがない日本の環境がいかに貧弱かを思い知った。

 「野球選手が壁当て練習だけで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも