[PR]

 リオデジャネイロ・パラリンピックの競泳競技に日本代表として出場する栗東市出身の木村敬一選手(25)=東京ガス=の激励会が12日、市役所であった。

 木村選手はこれまでに、北京とロンドンのパラリンピックに出場。ロンドン大会の100メートル平泳ぎ(視覚障害)で銀メダル、100メートルバタフライ(同)で銅メダルを獲得している。

 激励会では、野村昌弘市長が「コンディションを整えて頑張ってほしい。活躍を期待しています」と述べて花束を手渡すと、木村選手は「この4年間、金メダルを目標に競技生活を送ってきた。みなさんの声援を力に変えて、精いっぱい頑張りたい」と応えた。

 リオ・パラリンピックは9月7日に開幕。木村選手は100メートル平泳ぎなど5種目に出場する予定。(八百板一平)