[PR]

 厚生労働省は、ウイルスを持ったマダニにかまれて起きる「ダニ媒介脳炎」が北海道で確認されたと明らかにした。患者は40代の男性で、国内での感染確認は1993年に北海道で見つかって以来2例目。厚労省は、ダニ対策の強化を都道府県などを通じて求めている。

 厚労省によると、男性は7月中旬に道内でダニにかまれ、意識障害やけいれん、髄膜炎、脳炎などの症状が出た。海外への渡航歴はないという。

 ダニ媒介脳炎は、蚊が媒介する日本脳炎と同じ分類のフラビウイルスによる感染症。海外では死亡や後遺症が残ったケースも報告されている。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら