[PR]

 観光シーズンにJR北陸線米原―木ノ本駅間を走る「SL北びわこ号」の今夏の運行が14日、始まった。午前10時過ぎに米原駅を出発した1号には満員の424人が乗車し、迫力満点のSLの旅を楽しんだ。

 北びわこ号は地元の観光協会が誘致し、1995年から年数回、観光シーズンに運行されている。

 この日、「ポニー」の愛称で親しまれる蒸気機関車「C56形160号機」が汽笛を鳴らしてゆっくりと動き出すと、車内に歓声が上がった。乗客は田園や琵琶湖の風景を堪能し、高時川(長浜市湖北町八日市)の橋を渡る時には、土手にいた鉄道ファンや住民と手を振りあっていた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら