日本の公立中学校の制服価格について、朝日新聞がSNSなどを通じて調査したところ、制服一式の値段は3万円台から7万円台まで、学校や男女により大きな価格差があった。海外の学校制服の価格はどうなっているのか。7月下旬、新学期を前にセールで活気づく英ロンドンを訪れた。

 英国の学校の年度替わりは9月。7月下旬はちょうど制服や学校用品のセールが本格化する時期だ。

 在英約20年で、子ども2人を現地校に通わせた経験をブログ連載「イギリス教育事情一番乗り」につづってきたケリー満希子さん(53)と一緒に、ロンドン中心街の老舗デパート「ジョン・ルイス」に入った。

 通りに面した1階のショーウィンドーには、「Back To School(新学期)」と書かれたポスターが貼られ、制服のマネキンが置かれていた。子供服売り場に足を運ぶと、半分近くが小中学生向けの制服関連の衣料で占められていた。

 制服は上はブレザーとシャツ、下はスカートかズボンが基本形。ブレザーは紺、シャツは水色や白が多い。女子向けにはグレーや紺などの落ち着いた無地色を基本としたプリーツスカートやワンピース、ジャンパースカートなどが並ぶ。学校ごとに制服のデザインが指定されている様子はない。

 ケリーさんによると「公立校の場合、制服といっても、日本のように細かなデザインがかっちり決まっているわけではない。成長に合わせ、その都度買う」という。

 驚いたのはその値段だ。

 半袖ポロシャツが2枚セットで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら