[PR]

 シューズ4分の1足分、7センチほどに込めた勇気が、日本陸上界の歴史を塗り替えた。

 19日にあった陸上男子400メートルリレー決勝。山県(やまがた)亮太(24)=セイコー=、飯塚翔太(25)=ミズノ=、桐生祥秀(よしひで)(20)=東洋大=、ケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=の4人で臨んだ日本が37秒60のアジア記録を出し、ジャマイカに次いで2位に。2008年北京大会の銅を超える、この種目初の銀メダルを獲得した。

 18日の予選。全体2位の37秒68で通過した。これではメダルに届かない、と判断した選手たちは話し合った。「半足にする?」「いや、4分の1でいこう」

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら