【動画】女性客らが切りつけられたと通報があった東京サマーランド=井手尾雅彦撮影
[PR]

 21日午後1時20分ごろ、東京都あきる野市のテーマパーク「東京サマーランド」で、警備員から「お尻を切られて出血している人がいる」と110番通報があった。警視庁によると、18~24歳の女性客8人の水着が切れて尻などに傷を負ったといい、福生署が傷害事件として捜査している。

 署などによると、現場は「コバルトビーチ」と呼ばれる屋内プール。1時間置きに約3分間、人工的に波が出る仕組みで、午後1時の波の中で遊んでいた女性2人がプールから上がって痛みを感じ、けがに気づいた。さらに、午後2時の波で遊んでいた6人も同様の被害を訴え出たという。

 8人ともけがの程度は軽いが、それぞれ尻や下腹部を水着の上から切られていた。傷はほぼ直線で、10センチほどに及ぶ人もいた。周辺に不審な男がいたとの情報もあり、署は何者かが切りつけたとみて、防犯カメラ映像などを調べている。

 24歳の女性2人は、午後2時の波の中で被害に遭った。友人の女性(24)によると、友人4人で手をつないで輪になっていたところ、1人が「痛い」と言ってプールから上がった。水着の尻の部分が縦に7~8センチほど切れており、タオルを巻くと血がにじんだという。もう1人も同様の傷があり、2人は7針ほど縫ったという。この友人は「混み合ってぎっしりと人がいた。波が始まって1~2分くらいの間だった」と話した。

 サマーランドは午後3時以降の波を出すのを中止し、プールの営業終了時間を30分早めて午後7時までとした。この日の入園者は約1万4千人。事件後の営業継続について、サマーランドは「一気に退園すると、混雑による新たな事故が想定された」と説明。「具体的な情報がない中で、誤った情報を伝えるとパニックになる恐れがある」として、来場者への周知もしなかったという。

 5、8歳の娘2人を連れた千葉市の女性は「小さな子どももいるので、何かあったときはすぐに知らせてほしかった」と話した。

関連ニュース