名古屋名物の手羽先で知られる居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」創業者で、エスワイフード会長、山本重雄(やまもと・しげお)さんが21日、解離性大動脈瘤(りゅう)で死去した。59歳だった。通夜は22日午後7時、葬儀は23日午後1時から名古屋市千種区千種2の19の1のいちやなぎ中央斎場で。喪主は妻久美(くみ)さん。

 岐阜県の旧洞戸村(現関市)出身。海上自衛隊などを経て、1981年、1号店「串かつ・やきとり やまちゃん」を名古屋市中区新栄に開いた。現在は国内外に75店。「なごやめし」を代表する外食チェーンに育てた。こしょうやタレで味付けした辛口の手羽先を出し、看板には自身の似顔絵をあしらう。