[PR]

 北海道新聞函館支社で嘱託看護師として勤務し、昨年火事で亡くなった女性(当時40)が、男性社員2人からセクシュアルハラスメント行為を受けたとして、女性の遺族が22日、同社と社員2人に約8600万円の損害賠償を求める訴訟を函館地裁に起こした。

 遺族はこの日、暴行容疑などで刑事告訴された2人を不起訴とした今年3月の函館地検の処分を不服として、函館検察審査会に審査も申し立てた。

 訴状によると、2人は2014年12月の同社の忘年会で、体を押しつけたり、ひわいな言葉を言ったりするなどしたとしている。女性は同社に被害を申告後、仕事を休むようになったという。15年2月に自宅の火事で死亡が確認された。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら