【動画】絵本復刊にあたり、メッセージを寄せるかこさとしさん=仲村和代撮影
[PR]

 「だるまちゃんとてんぐちゃん」などの作品で知られる絵本作家のかこさとしさん(90)が、民主主義について子どもたちに伝えるため約30年前に書いた絵本が、今月中旬に復刊された。数が多い方が勝ちではなく、いい考えをみんなで大切にするのが民主主義――。そんな内容がブログで紹介され、話題を呼んだことがきっかけだ。

 1983年に出版された「こどものとうひょう おとなのせんきょ」。児童館の前の広場の使い方をめぐって子どもたちの意見が割れ、投票を通じて解決をめざす物語だ。多数決で決めただけではけんかが起きてしまい、登場人物たちは話し合いを経て、譲り合って使う方法を考える。

 そのなかで、こんな言葉が語られる。

 「みんしゅしゅぎは、いいことをみんなできめるんだよな。かずがおおいから、いいんじゃなくて、たとえ、ひとりでもいいかんがえなら、みんなでだいじにするのが、みんしゅしゅぎのいいところだろ」

 子どもの遊び場は狭いのに、大人の「あそぶところ」がどんどん増えていくことに、子どもたちはこんなことを考える。

 「おとなだけのせんきょでかずがおおくなったものが、かってなことをしているためだろう」

 復刊のきっかけを作ったのは、オランダ在住の野口由美子さん(38)の6月末のブログ。小学生の息子が日本人学校から借りてきた本のことを紹介し、「『投票って何?』 ある絵本に驚きの答え」とつづると、「『民主主義』って弱者が押しつぶされることではないんですよね」などと、多くの反響が届いた。

 本の復刊を手がける「復刊ドッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら