[PR]

 全国のメガネ枠生産で9割を占める福井県、その生産の中心地である鯖江市が、ITベンチャー経営者や女子高校生らの力を活用した新たな産業づくりに踏み出している。若者を中心とした住民目線を生かし、行政データを役立てるなどのユニークな取り組みだ。伝統産業にあぐらをかかず、「人材」を地域資源に地方創生を目指している。

 鯖江でIT会社社長をつとめる福野泰介さん(37)は現在、メガネにつける情報端末の開発を企画中だ。観光地情報やバス・列車の運行状況が場所や時間、その人の関心に応じて自動的にレンズ面などに表示されるウェアラブル端末だ。

 「行政データを公開してくれませんか」と福野さんが市に訴えたのは2010年12月。「住民のサービス向上に直結します。鯖江から全国や世界に発信できます」と市長にアピール、快諾を得た。このままではデータ公開で欧米に先を越され、端末開発で後れを取るとの危機感があった。

 行政データの公開は約150。それをもとに福野さんらが市民のためのアプリを作った。スマホにダウンロードして身近な生活に役立てようと、12年のトイレの場所を示すアプリに始まり、消火栓の場所、バス運行状況、子育て情報などアプリは200近くに達する。

 取り組みは周辺自治体にも波及し、福井県はデータ公開先進県として知られるようになった。行政のオープンデータを新型端末にも流せれば、と構想する。

 鯖江はもともと経済の波にもまれる自立性の強い土地柄。平成の大合併は見送って単独で生きる道を選んだ。市が掲げた「旗」は10年に施行した市民主役条例。「市民の参画と協働で夢と希望が広がる鯖江を作る」と宣言する。福野さんの原動力にも、この「参画と協働」がある。

 住民参加は、他の取り組みでも多彩だ。

 NPO法人の代表、竹部美樹さん(37)はイベント「市長をやりませんか?」の事務局をつとめる。全国の大学生を鯖江に集め、活性化プランを競うもの。「都会と地元の学生を交流させ、地元の若者を育てたい」と地元第一だ。

 竹部さんは昨年11月、ITを使った「ものづくり道場」も作った。場所は国の登録有形文化財の旧鯖江地方織物検査所2階。3Dプリンターを置きプログラミングを教え、小学生も出入りでき、製造業マインドの底上げを図る。ドイツのソフト会社日本法人SAPジャパンも協賛した。

 牧野百男市長(74)は「市民、特に若い人が参加する自治体モデルを作り、全国展開したいと思っている。基本は直接民主主義。新しいことをやる首長がいないと日本はもたない」と話す。市民から提案を募集する市民主役事業も年40件前後の応募があり、9割近く採用する。

 その市が率先して若者の視点をアピールするのが、地元女子高校生に企画を考えてもらう「JK課」だ。市役所内でも批判が多かったが、14年度から毎年10人ほどが選ばれ、菓子店とのスイーツ開発やゴミ拾いなどを企画。福野さんとは図書館の空席がわかるアプリも作った。鯖江の知名度もアップし、追随する自治体も登場。高校現代社会の副読本にも登場した。

 こうした素地づくりも奏功してか、若手から伝統のメガネ産業に関する提案も出るようになった。ウェアラブル端末開発もその一例。メガネ枠製造最大手、シャルマンの堀川馨会長(82)は「若い発想が必要だ。大歓迎だ」という。

 行政データアプリの浸透度がまだ低いなど課題もある。伝統のメガネの出荷額や業者数は年約600億円、500業者で、ピーク時の半分。商店街もかつてのにぎわいはない。街の将来は、様々な経験を積んだ若い人たちがどう育つかにかかっている。(長谷川智)

     ◇

 〈前田正名3原則チェック〉 現代の地方創生を考えるにあたり、専門家らの間で注目されているのが薩摩藩生まれの明治の官僚・前田正名(1850~1921)だ。

 正名は、当時の松方正義蔵相が推し進めた「松方デフレ」政策で疲弊する地方を目の当たりにし、地域振興を強力に訴えた。最終的に松方路線に敗れて野に下ったが、地域振興の3原則として①地域資源の活用②ビジョンに相当する「是」の作成③組織による協働――を残した。たとえば北海道釧路市の阿寒湖温泉は、森を生かした観光による地方創生で成功している背景に、①~③の条件を満たしている、と指摘されている。

 では、正名の残したこの3原則に照らして福井県鯖江市をみてみるとどうか。

 地域資源は、自立の気風に富んだ「人材」といえるのではなかろうか。

 メガネ産業は明治時代、農家の冬の内職として始まった。一家言ある事業主が多く、何事にも積極的な地域だ。「是」に相当するのは市民主役条例。市を象徴する旗となり、特に若い人を主役にしようとしている。その下で民が主導し行政が支援する「協働」が続き、ITが次のターゲットになっている。

 長い目で見た成果が期待されている。

 〈前田正名(1850~1921)〉 薩摩藩生まれ。親交があった坂本龍馬に紹介されたフランスに7年間留学。帰国後、大蔵、農商務省などに勤め、1884年に地方産業の振興策「興業意見」(全30巻)をまとめた。90年1月に農商務次官に昇任したが、同年5月に退官。在野で全国を行脚し町村是運動を展開した。フランス時代の活躍が小説や宝塚歌劇のミュージカルになった。