[PR]

 夏休み明けに増えがちな子どもの自殺を防ぎたい――。不登校支援などに取り組む各地の団体が、新学期を迎える子どもたちが気軽に過ごせる「居場所」を開放し始めた。関係者は「駆け込み先にもなれば」と話している。

 企画したのはNPO法人「フリースクール全国ネットワーク」(東京)で、きっかけは国が昨年まとめた「自殺対策白書」だった。

 白書によると、1972~2013年の42年間で自殺した18歳以下の総数は1万8048人で、うるう年を含めた366日で単純に割ると、約50人だった。ところが、日付別では8月31日が計92人、9月1日が計131人、9月2日が計94人と、夏休み明け前後が多かった。

 春休みや冬休みが明けた時期も増える傾向があり、自殺対策白書では「休み明け直後は生活環境が大きく変わり、プレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と分析。「10代前半の自殺は事前に予兆がないケースが多い」とも指摘していた。

 そこで、全国ネットは今月、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら