[PR]

 沖縄の南海上でほぼ停滞していた台風10号は、30日に本州に接近し、上陸する可能性が高まっている。気象庁によると、いったん本州に近づいた後、Uターンして再接近する例は珍しいという。同庁は「これまでの台風より勢力が強いと予想される。大雨や暴風に注意してほしい」と警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風10号は19日に伊豆諸島近海で発生。本州に近づいたが、日本列島を挟む東西の高気圧に進路をふさがれて北上できず、南西に進んだ。その後は日本の西側の高気圧に阻まれ、沖縄県・南大東島の南にとどまっていた。

 しかし、高い海面水温の影響で消滅せずに勢力が強まり、26日午後までに進路を北東に変え、折り返すように日本の南に進むとみられる。29日午前には関東の南の海上まで近づく見通し。さらに偏西風の影響などで北上すると予想されている。30日には、本州に接近し、そのまま縦断する可能性がある。

 台風10号は26日正午現在、中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。台風の強さは最大風速44メートル以上の「非常に強い台風」だが、気象庁は28日午前には最大風速54メートル以上の「猛烈な台風」になると予想している。(小川崇)