[PR]

 インターネット通販の普及に伴い、国内では宅配便の数が増え続けている。ただ、それを運ぶトラックのドライバー業界では高齢化が進み人手不足が深刻だ。地下鉄で貨物列車を計画する背景には、「トラックに代わる手段として地下鉄を使いたいという物流業者側の思惑もある」(東京メトロ幹部)という。

 国土交通省などが昨年、全国1252の運送事業者を対象に実施した調査では、7割近くが「(ドライバーが)不足している」と答えた。休日出勤でしのぐ業者もあり、勤務は長時間になる傾向がある。宅配大手幹部によると「若い人のなり手が少なく、業界では人手不足と高齢化が同時に進んでいる」という。

 国交省幹部は「荷物量の多い東京の地下鉄でやることに意味がある。将来的に、都心の地下に張り巡らせた路線全てで貨物輸送を導入できれば、トラック量を大幅に減らせ、ドライバー不足解消につながるかもしれない」と話す。

 一方、貨物列車とは別の視点で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも