[PR]

 渋谷駅前のハチ公広場に設置され、東京都渋谷区の観光案内所となっている旧東急5000系車両、愛称「青ガエル」に落書きがされた。ハチ公像とともに渋谷の玄関口に立つシンボルが傷つけられ、区は対応と今後の再発防止に追われている。

 区によると、青ガエルに落書きがされたのは8月27日午前0時50分ごろ。黒いスプレーで文字を書いて立ち去る2人組を目撃した人から110番通報があったという。

 濃い緑色をした車体の側面には英文字らしきものが描かれ、窓ガラスも黒く染まった。車体を所有する区は、渋谷署に被害届を出す予定だ。区商工観光課の村山英樹課長は「これだけ大きな落書きは初めてで、悲しいことだ」と話す。

 2006年10月に設置された青ガエルは現在、外国人向けの観光案内所として午前10時から午後6時まで営業している。また、待ち合わせの目印としても利用され、人通りは絶えない。

 年末年始など多くの人が訪れる時期には青ガエルを防護柵で囲い、破損を予防してきた。しかし、近年は被害を受けるケースが出てきた。

 昨年は車体正面に掲示された行…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら