[PR]

 県立琵琶湖漕艇(そうてい)場(大津市玉野浦)で、毎年5月に開かれている朝日レガッタが来年70年を迎える。ボートシーズンの幕開けを告げる伝統の大会は、中学生から日本代表クラスまで全国各地から選手が集い、春の風物詩としても親しまれている。記念の大会を前に歴史を振り返るとともに、琵琶湖でレガッタに関わる人たちの思いを伝えていきたいと思う。

 レガッタを知るにはまずは体験――と朝日新聞大津総局の記者たちが、4日に県立琵琶湖漕艇場で開かれた「びわこ市民レガッタ」に出場した。ほとんどがオールを持つのも初めてというメンバーで、どこまで戦えたのか。記者3年目の仲大道記者(27)が報告します。

■呼吸が合わず

 熊本総局から転勤で大津総局に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら