【動画】米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事に対する抗議行動に元米兵らが参加=野上隆生撮影
[PR]

 米軍北部訓練場(沖縄県東、国頭村)のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事に対する抗議行動に、8月末から米国在住の6人の元米兵が参加している。イラク戦争などにも行った彼らは「戦争の訓練のために、この美しい自然を破壊することは狂気だ」と計画を批判。工事の警備に全国から集められた機動隊に強制排除されながらも、建設反対を訴えた。

 6人は、映画監督のオリバー・ストーン氏も会員の米国の平和団体「平和を求める退役軍人の会」(VFP)のメンバーたち。

 准会員で元兵士らをヘリパッドの建設地、東村高江へ案内した那覇市の建築家、真喜志好一さん(72)によると、VFPは1985年に結成され、現在の会員は約3500人。ベトナム戦争の経験から、「戦争や武器は平和をもたらさない」という理念を掲げ、各国の米軍基地反対運動の支援などを続けている。

 VFPは米国で8月にあった年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース