[PR]

 NHKの籾井勝人会長は8日の定例記者会見で、年末解散を発表したSMAPについて、大みそかの第67回紅白歌合戦への出場を熱望し、「あれだけのグループ。当然、私は出てもらいたいと思っている」とラブコールを送った。

 SMAPはこれまで紅白歌合戦に23回出場。2003年には初めて大トリを務めた。今年8月に12月31日での解散を発表している。

 籾井会長は会見で「12月31日に解散するということは、紅白に出てから解散するということかと考えていた」と述べ、「当然、ファンに対するお礼や感謝も考えておられると思う」と話した。

 また、出演交渉については「私が出て行ってすむなら、いとわない。ただ、メンバーは私が出て行っても『お前、誰や?』ということになるだろうから、事務所のジャニー喜多川社長に話すのがいいんだろう」。一方、紅白歌合戦を現場で取り仕切る責任者は「出演者の検討を始めたところ。現状は、どのアーティストにもオファーは出していない」とした。(小峰健二