[PR]

 8月末の台風10号による豪雨災害で大きな被害を受けた岩手県岩泉町は12日、国の天然記念物の鍾乳洞「龍泉洞(りゅうせんどう)」を被災後初めて報道陣に公開した。

 龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つとされる。台風10号が上陸した8月30日から地底湖の水が増水。洞内からは数日にわたり大量の水があふれ出ていた。町によると、内部のLED照明などが破損し、営業再開のめどは立っていない。

 公開された洞内は入り口から約100メートル付近で通路が冠水し、そこから先へは行けなかった。板張りの通路が破損して、真下に「ゴー」と音を立てて激しく流れる水流が見えた。

 龍泉洞の地底湖は世界有数の透明度を誇り、地下水は「ドラゴンブルー」とも形容され、名水百選にも選ばれている。(斎藤徹)