[PR]

 「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」など全国19の市民団体は12日、NHK次期会長の選考作業を進める経営委員会に、籾井勝人会長(73)を再任せず、選考には公募制などを採用するよう求める要望書と署名8705筆を提出した。

 署名は各団体が8月11日から、集会やインターネットで集め、今後も続けるという。籾井氏は来年1月に任期満了を迎えるため、会長の任免権を持つ経営委は7月に「会長指名部会」を設置。籾井氏の続投も含めて人選作業を進めている。