[PR]

 「うーん。思っていたのとは、だいぶ違う」。蚊の大群が舞う荒れ地で、足首まで泥につかりながらユーリー・A・ブガエフは思わずうなった。

 住まいのあるロシアのサンクトペテルブルクから東に4千マイル(約6400キロ)。七つの時間帯を越え、沿海地方のこの地にやってきた。途中、モスクワから9時間かけてウラジオストクに飛んだ。さらに、大雨の中を何時間も車で北上。中国に接するハンカ地区の村カメニ=ルイボロフに着いた。

 ロシア政府が、極東に入植する国民には無償で与えるという土地の下見だった。米国で言えば、西部の未開の地を無償で払い下げることを定めた1862年の自営農地法(Homestead Act)にあたる。ここでは2016年6月1日に先行して始まり、ブガエフはすぐに行動に移った。

 この無償制度は、ロシアの極東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも